いよいよ本年10月から、マイナンバーの番号通知が始まり、2016年1月から個人番号の利用がスタートします。
民間事業者は、パート・アルバイトも含めて従業員とその扶養親族等の個人番号の収集をしなくてはいけません。
その際、個人番号確認と運転免許証等による身元(実在) 確認という厳格な本人確認が必要になります。
収集方法は、対面・郵送・オンライン等がございますが、どの方法も特定個人情報を取り扱う為、収集作業と管理は大変です。そんな煩わしさを少しでも軽減できるのが「マイナンバー収集シート」です。

【41501 マイナンバー収集シート】



● 本人と扶養親族等4名分をまとめて提出
カード1 枚ずつコピーする手間と用紙の無駄が省けます。
マイナンバー取扱い担当者は、統一したシートで収集することにより書類がバラバラにならず、容易に管理できます。

● ズレることなくコピー
個人番号記入欄にカードを差し込みできる切り込みがあるのでカードを固定でき印刷するときにずれません。
● 特殊印刷
コピーを取ると「複写」と文字が浮き出す特殊技術を施しており、原本の提出を防止できます。

【41502 マイナンバー収集シート回収用封筒】



収集シート専用の窓あき封筒です。
ICSの地紋が入っており中身が透けることなく安心してご利用頂けます。



@提出先、氏名などを記入する。
A通知カードの表面または個人番号カードの裏面と 身元確認書類(運転免許証等) を収集シートに 差し込む。
 扶養親族等欄は続柄を記入し、カードを差し込む。
 カードが手元にない場合は手書きでも構いません。

Bコピーを取って、マイナンバー取扱い担当者に提出する。
 ※申告時に本人確認資料として使用することができます。